現在の内閣府直属

名言「銀行の経営というものはその銀行に信用があって軌道にのるか、そこに融資するほど価値がない銀行だと判定されたことでうまくいかなくなる。どちらかである」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン)
Y2Kともいわれた平成12年7月、当時の大蔵省から金融制度の企画立案に係る事務を移管したうえで約2年前に生まれた金融監督庁を新組織である金融庁に改組した。翌年の2001年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、現在の内閣府直属の外局となった。
いわゆるペイオフとは?⇒予測できなかった金融機関の経営破綻をしたことによって、金融危機に対応するための法律、預金保険法により保護可能な個人や法人等の預金者の預金債権につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う事を指します。
信用格付機関による格付けを活用するメリットは、読む気もしなくなるような量の財務資料が理解できなくても知りたい金融機関の経営状態が判断できるところにある。また、ランキング表で2つ以上の金融機関同の健全性を比較することまで可能である。
覚えておこう、ペイオフというのは、残念なことに発生した金融機関の破産・倒産という状況の場合に、預金保険法の規定によって保護されることとされている預金者(法人・団体も含む)の預金債権に、預金保険機構預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事を言います。
金融機関の格付けのよいところは、読むだけでも時間のかかる財務資料が理解できなくても格付けされた金融機関の財務の状況や経営状態が判別できるところにある。ランキング表を使えば2つ以上の金融機関の健全性を比較することも可能なのだ。
【用語】外貨預金はどんな仕組み?銀行が扱うことができる運用商品である。外国の通貨によって預金するもの。為替レートの変動による利益を得る可能性もあるが、同じように差損が発生するリスクもある(為替リスク)。
紹介のあった、第二種金融商品取引業者(第一種業者ももちろんだが)がファンド(投資信託)を開発し、うまく運営していくためには、とてつもなく量の、業者が「やるべきこと」、業者が「やってはいけないこと」が法律等により定められております。
はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月12日、日本振興銀行が誰も予想しなかったことに経営破綻してしまったのである。この件で、はじめてペイオフ預金保護)が発動した。これにより、3%(全預金者に対する割合)程度とはいうものの数千人の預金が、上限額の適用対象になったのだと考えられている。
そのとおり「失われた10年」というキーワードは、その国全体の、あるいはどこかの地域における経済が10年くらい以上の長い期間にわたって不況、加えて停滞に直撃されていた時代のことを指す語である。
【用語】バブル経済(わが国では平成3年まで)っていうのは時価資産(不動産や株式など)が市場で取引される価格が過剰な投機によって実際の経済の成長を超過してもなお高騰し続け、最終的には投機によって持ちこたえることができなくなるまでの経済状態のことである。
【解説】金融機関の能力格付けというものは、ムーディーズなどで知られる格付機関が金融機関を含む社債などを発行する会社などに関する、信用力(支払能力など)をアナリストの意見をもとに評価するという仕組み。
つまりスウィーブサービスって何?通常の銀行預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引口座間なら、株式等の購入・売却代金などが自動的に振替される画期的なサービス。同一金融グループによる顧客の囲い込み戦略ということ。
金融機関の格付けの長所は、難しい財務に関する資料を読む時間が無くても評価によって知りたい金融機関の経営の健全性が判別できるところにある。ランキング表で健全性を比較することも可能ということ。
約40年前に設立された預金保険機構が保険金として支払う実際の補償額は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円"ということになっています。同機構は日本政府及び日銀ほぼ同じくらいの割合でほぼ同じだけ

広告を非表示にする